• ソッコーで人間をダメにするウマさ

    悪魔の食べ合わせレシピ
  • 人工舌『味覚センサーレオ』が科学的にはじきだした、食べだしたら止まらない! 脳を狂わす「無限レシピ」88。日本人が本当に「おいしい」と感じる悪魔の食べ合わせを一挙皆伝!
  • ご注文・ご購入は全国の最寄りの書店、または以下のネット書店へ

    お支払方法や、送料・手数料などは、お申し込み先のネット書店の規定通りとなります。詳細は各ネット書店のサイトにてご確認ください。

カテゴリ 暮らし・健康・子育て
本のタイトル 悪魔の食べ合わせレシピ
著者名 著:鈴木 隆一
刊行年月(奥付) 2021年3月3日
発行者 講談社
ISBN 978-4-06-522700-8
造本体裁 四六・ソフトカバー・112 ページ
定価 1,320円(税10%込)
詳細情報 人工舌『味覚センサーレオ』が科学的にはじきだした、食べだしたら止まらない! 脳を狂わす「無限レシピ」88。日本人が本当に「おいしい」と感じる悪魔の食べ合わせを一挙皆伝!

ちょっとマジメに説明を。
人がおいしい、まずいと感じる基準が今までは個人の主観によって異なりすぎてあやふやでした。
でも、それだと飲料・食品メーカーや外食産業は困っちゃう。
そこで、多くの日本人に食べ物や飲み物を味わって点数評価してもらい、アンケート結果をAI(人工知能)に学習させ、「おいしさ」を可視化するべく誕生したのが、人工舌コンピュータ『味覚センサーレオ』。
人間の舌にある味蕾と同様に、甘味・酸味・苦味・旨味・塩味の5基本味を感知し、「おいしさ」を計測できるようになったすぐれモノ。
 我々には長年の習慣にのっとった、固定概念がある。和食には緑茶、洋食にはコーヒーといったあれ。そこを打開すべく、たとえばコーヒーメーカーが『味覚センサーレオ』に「シェアをもっとひろげたいんだけど」と相談をもちかける。すると、「塩鮭と酸味の強いコーヒーは好相性だよ!」と、提案してくれる。当然、日本人の好みを熟知した人工舌の判断だから、多少突飛な提案でも、味覚的に間違えはないからそこは安心。この辺は健全な使い方だから問題ないんだけど、怖いのは、人工舌『味覚センサーレオ』にかかれば、人間がひとくち食べただけで中毒になるほど夢中になり、食べる手を自分では止められない悪魔的味覚を生み出すことも楽勝だということ。
 本書では、『味覚センサーレオ』がはじきだした、日本人が我を忘れて夢中になる食べ合わせ3パターンに合致する、組み合わせを多数ご紹介します。

お支払方法や、送料・手数料などは、 お申し込み先のネット書店の規定通りとなります。
詳細は各ネット書店のサイトにてご確認ください。