• 十代名人への軌跡

    並べるだけで強くなる 虎丸の自選自解好局集
  • 十代にしていま一番注目されている棋士・芝野虎丸名人。入段から現在までの対局を厳選し、青春の棋譜として成長を追体験。今までの棋譜並べの本にはない「次の一手」の問題を入れ楽しみながら学べるほか、AIの評価値を掲載。「上達が早くなる! 虎丸流棋譜並べ法」では強くなるコツを解説。棋譜は最終手まで掲載。囲碁用語も説明し、初心者が読んでも楽しめる。
  • ご注文・ご購入は全国の最寄りの書店、または以下のネット書店へ

    お支払方法や、送料・手数料などは、お申し込み先のネット書店の規定通りとなります。詳細は各ネット書店のサイトにてご確認ください。

カテゴリ 趣味・実用
本のタイトル 並べるだけで強くなる 虎丸の自選自解好局集
著者名 著:芝野 虎丸
刊行年月(奥付) 2020年08月27日
発行者 講談社
ISBN 978-4-06-520568-6
造本体裁 四六・256ページ
本体価格 1,800円(税別)
詳細情報 昨年の囲碁名人戦では、史上初の十代名人が誕生しました。さらに、芝野虎丸新名人は、その勢いそのままに、国民栄誉賞受賞者である井山元七冠を破り、王座も獲得しています。いま、一番注目されている日本の棋士であり、中国韓国のトップ棋士と渡り合える棋士の一人でもあります。
囲碁将棋ともに棋譜並べは上達の秘訣の1つであり、初手から石を並べ、解説と想定図を読むことで、序盤の布石感覚から石の攻め方守り方など、プロの感覚が学べます。また、実戦での攻防にはドラマのような面白さがあり、悪手を含めプロの実践を自分が打っているような感覚で楽しめます。
本書では、虎丸名人の入段から現在までの、井山裕太四冠、張栩名人、趙治勲名誉本因坊、一力遼八段、大竹英雄名誉碁聖などの大棋士から新進気鋭の棋士を相手に、大石を殺した対局や、逆転に次ぐ逆転の対局、名人獲得の対局を厳選。虎丸新名人の青春の棋譜として、成長を追体験できます。
また、大事な局面では今までの棋譜並べの本にはない、「次の一手」の問題を入れ、楽しみながら学べるようにするほか、棋譜にAIの評価値を掲載、AIの評価と棋士の意識の違いも興味深いところです。
さらに、「上達が早くなる! 虎丸流棋譜並べ法」では、棋譜並べで強くなるコツを解説しています。なお、棋譜はヨセを割愛せず、最終手まで掲載しています。囲碁用語なども説明し、初心者が読んでも楽しめます。

お支払方法や、送料・手数料などは、 お申し込み先のネット書店の規定通りとなります。
詳細は各ネット書店のサイトにてご確認ください。