• 日陰・酷暑・悪条件を解決!

    咲かせたい! 四季の宿根草で庭づくり
  • 花を育てたいなら、どんな場所でも花と緑でいっぱいにしたいものです。宿根草でベースをつくると、四季を通じて植物を楽しむ環境がつくれます。主に宿根草を利用して、花と緑いっぱいにする植物選びと咲かせ方、「困った庭」を解決する1冊です。
  • ご注文・ご購入は全国の最寄りの書店、または以下のネット書店へ

    お支払方法や、送料・手数料などは、お申し込み先のネット書店の規定通りとなります。詳細は各ネット書店のサイトにてご確認ください。

カテゴリ 趣味・実用
本のタイトル 咲かせたい! 四季の宿根草で庭づくり
著者名 著:荻原 範雄
刊行年月(奥付) 2020年08月28日
発行者 講談社
ISBN 978-4-06-220934-2
造本体裁 B5変型・96ページ
本体価格 1,700円(税別)
詳細情報  花を育てたいなら、どんな場所でも花と緑でいっぱいにしたいものです。とはいえ、環境がある程度整っていても、花をたくさん咲かせるには、どんな植物を選び、どう使うかを知る必要があります。そこで活躍するのが、宿根草です。宿根草でベースをつくると、四季を通じて植物を楽しむ環境がつくれます。
 また、庭やベランダで植物を育てたいと思っても、都会や住宅地の多くは、植物栽培に最適な場所であるとはいえません。そんなときにも、数えきれないほどの種類がある宿根草が、活躍します。
 住宅地では建物が密接していたり方角が悪かったりすることが多いため、多くの場合、日陰や半日陰で光量が足りず、普通の草花は育てられません。
 逆に、近年の異常とも思える温暖化で、特にベランダやコンクリートに囲まれたところや日当たりがよすぎるところでは、高温多湿で一般の草花はよく育ちません。
 また、庇のあるところでは、乾燥がひどく、通常の管理では水やりが追いつきません。雑草が生えやすい広いスペースには、カバープランツがおすすめですが、なにを植えてよいのかわかりません。
 これらの場所では、むりに植物を育てても、すぐに枯らしてしまうことになってしまいます。しかし、「困った」場所でも、植物選びや栽培の工夫をすれば、「花と緑のある場所」にすることが可能です。植物好きは、どんな場所でもなにかを育てたいのです。
 本書では、主に宿根草を利用して、花と緑いっぱいにする植物選びと咲かせ方、「困った庭」を解決する1冊です。

お支払方法や、送料・手数料などは、 お申し込み先のネット書店の規定通りとなります。
詳細は各ネット書店のサイトにてご確認ください。